マンション経営における減税とは、どのような仕組みと効果があるのか

%e7%94%bb%e5%83%8f3

マンション経営を行うことは、所得税や住民税の減税につながるといいます。そもそもなぜ減税ができるのでしょうか。マンション経営で可能となる減税とは、どのような仕組みでどのような効果があるのでしょうか。

 

マンション経営による減税について

不動産投資をお考えの人であれば、マンション経営を行うことで減税の効果が受けられるということをご存知の方は多いことと思います。それでは、マンション経営による減税とは、具体的にはどのような仕組みで行われるかということになると、どれくらいの方が明確に理解をしているでしょうか。

マンション経営による減税とはどのようなものかという問いに対して明確に回答できるだけの理解をしていないと、減税に過度な期待をしてしまったり間違った理解をしていると、減税よりも資金を大きく失ってしまったりすることになりかねません。適切にマンション経営をすることで、所得税、住民税の減税を効果的に行うためには、税金の仕組みについて明確に理解をしておくことが大切であり、減税に対する考え方によっては、取得する不動産の種類にも影響を与えることになります。

マンション経営による減税の仕組み

マンション経営による減税とは、本来納める所得税、住民税が減額となることです。この減税は確定申告によって得られるもので、マンション経営以外にも所得のあることが必要です。サラリーマン投資家であれば給与所得がありますので、年末調整によって確定した所得税の一部が還付され、住民税については課税所得が低くなることで減税効果が生まれます。

次に重要なのが、確定申告によって何故税金が還付、減額されるかを理解することです。これは不動産所得が赤字のときに、確定申告によって給与所得などから当該赤字額を控除することが出来るからです。マンション経営という観点から、赤字は資産が減っていることを表し望ましいものではありません。しかし、減価償却費といって実際の支出を伴わない経費の計上による赤字であれば、減税の効果が高まるのです。この減価償却費とは、減価償却資産の取得費は期間の経過とともに費用化されるという考え方に基づくもので、マンションの購入時に支払った代金が期間配分によって費用化されたものです。

マンション経営による減税とは

マンション経営による効果的な減税とは、減価償却費分の不動産所得の赤字が発生するということです。この効果は減価償却費の金額が毎年いくらで、どれだけの期間発生するのかというところで決まってきます。したがって長い効果を得たいのであれば、マンションのように耐用年数が長く、かつ、中古であれば経過年数が少ないものを選ぶ必要があります。

このように取得する不動産によって、その効果が異なりますので、十分な理解が必要だということになります。