賃貸用ワンルームマンションの購入に際し気をつけること

5_5-%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0-%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3-%e8%b3%bc%e5%85%a5-%e8%b3%83%e8%b2%b8

歴史的な低金利が続いており、ワンルームを始めとした賃貸用マンションの購入に際し、資金調達しやすい環境となっています。サラリーマンによる、ワンルームマンションの賃貸経営も多く行われています。しかし、賃貸経営を行うためにはワンルームマンションの購入にあたり、気をつけなければいけないことがあります。

 

マンションを購入すれば良い訳ではない

ワンルームマンションは、一棟マンションへの投資と比べて初期投資額が少なくて済み、日常の手間がかからないという事から、サラリーマンに適した不動産投資と言われています。インターネットでも、ワンルームマンションによる賃貸経営によって、高額な不労所得を得たというサラリーマンの話を目にする事も良くあります。また、不動産会社による販売活動も盛んであり、まるでワンルームマンションを購入さえすれば不動産投資は成功したのも同然の様な営業が行われる事もあります。

しかし、ワンルームマンションであればどのような物件でも良い訳ではありません。大切なのは長期に渡ってキャッシュフローを産み出してくれる物件を購入する事であり、キャッシュフローを得るためには購入後の賃貸管理などが必要なのです。

パートナー選びが大切

賃貸用のワンルームマンションの購入を検討した場合に、どの様な物件であれば長期的にキャッシュフローが得られるか具体的にイメージできるでしょうか。不動産プロフェッショナルのアドバイスは重要ですが、全ての営業マンが親身になって良い物件をお薦めしてくれる訳ではありません。自分で物件の良し悪しを判断できるようになるのも大切ですが、それには経験が必要です。そこで重要になるのは信頼できる不動産会社をパートナーとして選ぶ事です。

次に重要となるのはワンルームマンションを購入した後です。せっかく購入しても入居者がいなければ家賃収入は得られません。賃貸管理を行おうにも初めてでは戸惑う事も多いですが、購入に際しアドバイザーとなった会社が賃貸管理もケアしてくれるのであれば安心です。また、長期で賃貸経営を行っていれば、入居者の退去に伴う原状回復のための内装工事や設備交換、リフォームなどが必要になりますが、工事会社の手配などについてもケアしてくれるとなれば万全です。

初心者にはトータルケアがお薦め

マンション販売会社の中には、物件を購入してくれればそれで終わりという、売りっぱなしの会社も存在します。これでは賃貸経営に不慣れな方は、購入した時点でこの先どうしたら良いのかわからなくなってしまいます。また、投資に適していないマンションを勧められるがまま購入してしまった場合には取返しのつかない事になります。

初めての賃貸経営でワンルームマンションを購入するのであれば、購入から賃貸管理までワンストップでケアをしてくれる、トータルサービスの受けられる不動産会社がお薦めです。