相続税に大きく関係する法定相続人の範囲と相続できる割合とは?

%e7%9b%b8%e7%b6%9a-%e7%a8%8e-%e6%b3%95%e5%ae%9a-%e7%9b%b8%e7%b6%9a-%e4%ba%ba

人が亡くなると相続が発生し、誰が法定相続人なのかを確定しますが、法定相続人として相続権を得る人とは誰なのでしょう。誰が法定相続人となり、何人の法定相続人がいるのかは、相続税の計算においても関係します。そこで、民法上で定められている法定相続人の範囲や法定相続分について確認しておきましょう。

 

なぜ法定相続人が相続税の計算に関係するのか

相続税を計算する上で、遺産が基礎控除額の範囲におさまれば税金はかかりません。

相続税の基礎控除額は、

「3,000万円+600万円×法定相続人数」

で計算されますが、被相続人(亡くなった方)が遺した財産がこの金額以下であれば相続税は掛かりません。

また、生命保険金や死亡退職金にも非課税限度額が設けられており、

「500万円×法定相続人数」

で計算します。

そのため、法定相続人は誰なのか、その人数を確定させることは、相続に欠かせない手続きといえます。

法定相続人の範囲

まず、被相続人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外は以下の順序で配偶者と共に相続人となります。事実婚など、内縁関係の配偶者は含まれませんので注意しましょう。

・第1順位…被相続人の子

子が被相続人よりも前に亡くなっている場合には、その子の直系卑属(孫)が相続人と続きます。

・第2順位…被相続人の直系尊属(父母)

第1順位の方がいない場合は、第2順位の方が配偶者とともに相続人となります。父母が被相続人より前に亡くなっている場合は、父母の直系尊属(祖父母)が相続人と続きます。

・第3順位…被相続人の兄弟姉妹

第1順位、第2順位の方がいない場合には、配偶者とともに兄弟姉妹が相続人です。

被相続人よりも先に兄弟姉妹が亡くなっている場合には、その子(甥・姪)が相続人です。

法定相続分

相続できる割合である法定相続分は、誰が相続人になるかによって次のように異なります。なお、法定相続分は相続人間で遺産分割の合意ができない時などの遺産の取り分ですので、この相続分で遺産を分割しなければならないという訳ではありません。

・配偶者と子が相続人の場合

配偶者1/2 子(複数いる場合は全員で)1/2

・配偶者と直系尊属が相続人の場合

配偶者2/3 直系尊属(複数いる場合は全員で)1/3

・配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合

配偶者3/4 兄弟姉妹(複数いる場合は全員で)1/4